節約術・倹約術

家計簿ソフト『マネーフォワード』を始める前にやるべき3つのポイント!

家計簿アプリのマネーフォワードのダウンロード数が400万を超えましたね。
昨年からオリエンタルラジオのCMも流れ出し、家計簿アプリの中では一番知名度が一気に高くなりました。

しかし、実際に使いこなしている方は少ないのではないでしょうか?
カベ吉は利用し始めて3年近くになりますが、本格的に使いこなせるようになったのはここ最近です。

これから利用しようと考えている方や過去に試したけれども失敗した方のために、マネーフォワードを利用する上で必要なことを説明していきたいと思います。
少し手間がかかりますが、この準備を怠るとマネーフォワードを使いこなすことができず、長く使っていくことができないので是非お試しください。

マネーフォワードとは?

そもそもマネーフォワードって何?最近、CMではよく見かけるようになったけど、よく分からないって方のためにまずはマネーフォワードについてご説明していきますね。

マネーフォワードはパソコンからもスマートフォンからも家計の管理ができる、クラウド家計簿ソフト(アプリ)です。

いろんな端末からログインすることができるので自宅でも外出先でもすぐに確認・記入することができます。
銀行口座の残高やクレジットカードの使用状況、電子マネーの残高や使用履歴なんかも一括で管理することができるので、それぞれの銀行などのHPでログインしなくてもすぐに確認することができます。

なお、マネーフォワードは有料と無料の2種類があり、まずは無料ではじめ気に入った場合に有料に切り替えることをオススメします。
有料版と無料版の違いは以下の通りです。

項目 無料版 有料版
利用料金 無料 月額500円
閲覧可能期間 1年間 無期限
金融機関連携可能数 10件 無制限
データ一括取得 不可 可能
グループ作成 1つまで 複数作成可能
マンスリーレポート なし あり
3重のデータバックアップ なし あり
プレミアムサポート なし あり
サービス継続保証 なし あり
入出金履歴 ダウンロード不可 ダウンロード可能
スマホアプリ広告 あり なし

有料版の場合月額500円かかってしまいますが、わたしは有料版の使いやすさに慣れてしまっているので、もう無料版には戻れないです。

マネーフォワードのメリット

  • 安全性が高い。(大手金融機関も出資している)
  • 自分で書かなくても家計簿が付けられる。
  • 自動で費目を仕訳してくれる。
  • 項目の追加などが自由にできる。
  • 入金や出金があるとメールで連絡が入る機能がある。
  • 引落し日前に残高不足がすぐわかる。
  • 資産・支出の状況をグラフ化できる。
  • 銀行の預金残高をすぐ確認できる。
  • 電子マネーの残高をすぐ確認できる。

マネーフォワードのデメリット

  • 現金払いは自分で記入しないといけない。
  • クレジットカードの使用時の反映が遅い。
  • 口座やクレジットカードを複数所持していると初期設定が面倒である。
  • クレジットカードの支出の記入時期がわかりにくい。
  • 無料版の場合各金融機関ごとに更新するのが面倒である。
  • 無料版の場合履歴が1年間しか見れないため前年との比較ができない。
  • へそくりするのが難しい

詳しいメリット・デメリットはこちらの記事を

マネーフォワードを始める前に準備すること

マネーフォワードを使いこなすためには事前にある程度の準備が必要です。
この準備を怠ると手間がかかりマネーフォワードを使うメリットがほとんどなくなってしまいます。
わたしとしては、マネーフォワードを使うことによって家計簿をつけなくても勝手に付けられるている状況がベストな使い方と考えます。
そのためにはどうすればいいのか?以下に説明していきます。

電子マネーを用意する

マネーフォワードのデメリットに記載しましたが、現金で支払った場合は自分で記入しなくていけません。

レシート撮影し反映させることも可能ですが、毎日となるとこれが結構めんどくさくなります。
せっかく、銀行口座やクレジットカードが自動で反映されても現金払いが手動だと何しているかわかりません。

そこでわたしがオススメするのは電子マネーを使用することです。
電子マネーでの買い物もマネーフォワードに反映されるので、現金払いの手動記入が不要になります。
すでに所有している方は、新たに作る必要はありませんがわたしがオススメする電子マネーは楽天Edyとnanacoの二つです。

楽天Edyは利用できる先が多いのと、nanacoは税金の支払いにも使えるのでベストです。

クレジットカードを作る

マネーフォードを使う上で一番重要なのが、クレジットカード選びです。
なぜかというとカード会社によってマネーフォワードへの反映が大幅に異なるためです。

ただし、反映の早いクレジットカードにしても、ポイント還元率の悪いカードや年会費がかかるカードは使いたくないです。

還元率悪く年会費がかかっても良い方は、AMEXと三井住友VISAが良いです。
両者はともに反映されるのが1〜2日と圧倒的に早いです。ただし、年会費がかかりポイント還元率も0.5%と条件はよくありません。

そこでわたしがオススメするのは、楽天カード
反映されるのが4〜5日とAMEXと三井住友VISAには劣りますが、ポイント還元率が1%であり、年会費も無料です。

わたしはメインを楽天カードにし、家族カード用としてAMEXを使わせていただいております。

口座を一つにまとめる

マネーフォワードは無料の場合であっても、銀行口座の登録は10件まで可能です。

今まで説明して来た内容をまとめると、電子マネーは2〜3枚。クレジットカードも2〜3枚。少なくても銀行口座は4件登録することができます。

ただし、家計を管理するうえで口座がたくさんある必要はありません。
わたしが推奨するのは2〜3口座。使い分けは、給料の振込先兼支払い先が1〜2口座(2口座作るのは共働きの方のみ)。
もう一つは貯蓄用の口座が1つ。

これ以上作ると管理が面倒になりますので、3口座を超えている方はまとめて行きましょう。

まとめ

マネーフォワードを使いこなすには以下の準備が大事。
現金の支出を極力減らすため電子マネーを準備
クレジットカードは反映の早いかいしゃを選ぶ
銀行口座は作りすぎない。2〜3口座まで

記事が気に入ったら
マネーのひな型を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

マネーのひな形

SPONSORED LINK

ピックアップ記事

  1. 大学教授に聞いた教養がないと感じたら読むべきマンガ7選
  2. 節約方法本を年間100冊以上読む私がおすすめする本26冊

関連記事

  1. 節約術・倹約術

    節電タップ利用で待機電力をいくら節約できるか調査

    こんばんわ。コツコツと節約を頑張っているカベヤスです。今回は節…

  2. OPINION

    家計改善するなら固定費を増やせばいいんだよ!

    今回は家計簿をつける中で面倒だと感じてしまう変動費の把握の仕方、改善方…

  3. 節約術・倹約術

    神戸は観光だけじゃないブラタモリ紹介の神戸ウォーターが超おすすめ

    まいどです。根っからの神戸っ子のカベヤスです。&nbs…

  4. 節約術・倹約術

    タイムズクラブのポイント取得方法と利用方法を知れば年間1万超節約

    まいど、カベヤスです。みなさんはコインパーキングの駐車場でタイ…

  5. 節約術・倹約術

    iPhoneも使えるUQモバイルを徹底分析→結論一択でした

    まいど、カベヤスです。みなさんはもう格安スマホに切り替えすんで…

  6. 節約術・倹約術

    楽天edyの作り方・使い方・貯め方を紹介!珍しいポイントの貯め方もあるよ!

    今回は我が家で家計用の財布に使用している電子マネー『楽天Edy』につい…

最近の記事

  1. 収入印紙はどこで買うことができ、一番節約になる方法を紹介
  2. 2017年3月アドセンス審査に合格した理由を本気で考えた
  3. 貯金できない人は消費・浪費・投資の意味がわかってない
  4. ラキューの作り方・体験ができるLaQ館へ行ってきた評価まとめ…
  5. タイムズクラブのポイント取得方法と利用方法を知れば年間1万超…

おすすめ記事

  1. 節約術・倹約術

    節約方法本を年間100冊以上読む私がおすすめする本26冊
PAGE TOP