節税 -無駄な税金を減らす-

コロナ対策の30万円の給付がもらえる条件は?非課税水準はいくら?

政府が7日に決定する緊急経済対策で所得減少にともなう現金30万円の給付について理解しにくいといった内容のツイートや間違った理解をしているツイートが多く見受けられたので詳しく解説しておきたいと思います。

いろんなツイートあり。正しい情報や間違った情報も

コロナウイルス関連記事

各省庁・自治体のコロナウイルスに関する情報を知りたい場合はこちらの記事もどうぞ!

首相官邸・内閣府・各省庁のコロナウイルス最新情報まとめコロナウイルスに関する首相官邸・内閣府・各省庁の最新発表内容を一覧で確認できます。...
都道府県のコロナウイルス最新情報まとめ新型コロナウイルスの拡大が大きくなっている中、国や行政・各自治体が様々な情報を発信しています。 感染予防方法といった感染リスク回避...

現金給付が受けられる条件は2パターン

2パターンを確認する前に前提となっている状況を理解しておく必要があります。その状況というのが次の内容です。

  • 給付対象は世帯主の所得で判断(世帯所得ではないので注意)
  • 感染症発生後とは1月以前。比較するのは2~6月の月収
  • 受給申請については自己申告制

以上の点が前提となっているので元々非課税世帯の方々には給付はないと思われます。また、世帯主で判断するため共働きの世帯において世帯主以外の方の所得が減っても給付はありません

30万円の給付があるパターン1

月収入が感染症発生後に減少

かつ

個人住民税非課税水準(年換算)

※個人住民税非課税水準については後程紹介していますのでそちらを参考にしてください。

30万円の給付があるパターン2

月収入が感染症発生後に大幅減(半減以上)

かつ

個人住民税非課税水準の2倍以下

※個人住民税非課税水準については後程紹介していますのでそちらを参考にしてください。

個人住民税の非課税水準とは

住民税とは?

住民税とは前年の収入に応じて確定する「所得割」と収入とは別に自治体ごとに一律で決まっている「均等割」の二種類を合わせたものになります。

今回のコロナの給付金における個人住民税とは「所得割」「均等割」のうち「均等割」を指しています。つまり、「均等割」が非課税となる世帯が給付の対象となります。

個人住民税が非課税となる3要件

個人住民税は次のいずれかの条件を満たすと「所得割」「均等割」ともに非課税となります。

  1. 生活保護を受けている
  2. 未成年者、障がい者、寡婦、寡夫で前年の合計所得金額が125万円以下(このため所得が給与所得のみの方は、給与収入が204万4000円未満)
  3. 前年の合計所得金額が各地方自治体の定める額以下(東京23区では扶養なしの場合35万円。扶養がある場合は35万円×本人・扶養親族・控除対象配偶者の合計数+21万円)

東京23区内に住む子供一人がいるシングルマザーの場合であれば、次のような上限所得金額となります。

35万円×2人(自分+子供)+21万円=91万円

※合計所得金額の上限金額は市区町村によって異なるので、お住いの自治体のHP等を確認するようにしてください。

住民税非課税世帯の年収&月収の目安(パターン1用)

わたしは会計事務所で勤務しているので、収入と所得の違いについて理解していますが、一般企業で勤務されている方は所得〇〇円と言われても理解しにくいと思います。

そんな方のために目安となる年収と月収をまとめましたので、パターン1の非課税水準の目安に使ってください。

世帯人数
上限所得額
年収目安
月収目安
単身世帯
35万円
100万円
8.3万円
2人世帯
91万円
156万円
13万円
3人世帯
126万円
205万円
17万円
4人世帯
161万円
255万円
21万円
5人世帯
196万円
305万円
25.4万円

※東京23区の基準をもとに作成しております。詳細はお住いの市区町村のHPを確認お願いします。

住民税非課税水準の2倍以下の目安(パターン2用)

30万円の給付がもらえる2つめのパターンとして判定の基準になる非課税水準の2倍以下の目安についても紹介しておきます。

世帯人数
非課税水準の2倍の月収目安
単身世帯
16.6万円
2人世帯
26万円
3人世帯
34万円
4人世帯
42万円
5人世帯
50.8万円

※東京23区の基準をもとに作成しております。詳細はお住いの市区町村のHPを確認お願いします。

申告する先は?

申告する方法はお住いの市区町村への自己申告となっています。

安倍首相はオンライン申請もできますと説明されていましたが、確定申告をしない会社員の場合ほとんどの方がオンライン申請をされたことがないと思います。

まずはお住いの市区町村の窓口に連絡し申請方法を確認してみましょう。

今回の給付に関する反対意見

個人的には生活に困っている方にはぜひ早い給付をしてもらうことを願いますが、今回の給付について様々な反対意見も見受けられます。

  • 給付の条件がわかりにくい
  • 世帯主のみの判定は不公平
  • もらえない人が多いと政府の対策が評価されない
  • 市区町村の事務手続きが煩雑になる

問題点をあげだすとキリはありませんが、本当に困っている方々へ送球に給付してもらいたい願います。

51万人受講のお金の教養講座

ファイナンシャルアカデミーの『お金の教養講座』は年間255講座、延べ51万人が受講したお金の学校。

貯蓄や家計管理といった生活に身近なお金から、資産運用、キャリア、人生と社会を豊かにするお金の使い方までを短期間に学ぶことができます。

  • 貯金体質になりたい人
  • 収入アップを目指したい人
  • 老後の不安をなくしたい人
  • 早期リタイアをしたい人
  • 投資でお金を増やしたい人

講座内容を確認