無料家計簿アプリのマネーフォワードの使い方【事前準備編】

こんにちわ。マネーフォワード大好きなやまもと(@kabenrich)です。

家計簿アプリの「マネーフォワード」のダウンロード数が400万を超えましたね。

オリエンタルラジオのCMも流れ出し、家計簿アプリの中では一番知名度が一気に高くなりました。

しかし、実際に使いこなしている方は少ないのではないでしょうか?

わたしは利用し始めて5年近くになりますが、マネーフォワードのメリットを最大限活かすことができるようになったのはここ最近です。

これから利用しようと考えている方や過去に利用したけども使わなくなった方のために、マネーフォワードのメリットを最大限利用する方法をご紹介していきたいと思います。

合わせて読みたい

今回は特にマネーフォワードのメリットを最大限活かすために事前に準備しておきたいモノをメインにご紹介していきたいと思います。

マネーフォワードとは?

そもそもマネーフォワードって何?最近、CMではよく見かけるようになったけど、よく分からないって方のためにまずはマネーフォワードについてご紹介していきますね。

マネーフォワードはパソコンからもスマートフォンからも家計の管理ができる、クラウド家計簿ソフト(アプリ)

いろんな端末からログインすることができるので自宅でも外出先でもすぐに確認・記入することができます。

銀行口座の残高やクレジットカードの使用状況、電子マネーの残高や使用履歴なんかも一括で管理することができるので、それぞれの銀行などのHPでログインしなくてもアプリを開ければ確認できるかなり便利なアプリなんです。

なお、マネーフォワードは有料と無料の2種類がありますので、それぞれの違いについてまとめてみました。

項目 無料版 有料版
利用料金 無料 月額500円
閲覧可能期間 1年間 無期限
金融機関連携可能数 10件 無制限
データ一括取得 不可 可能
グループ作成 1つまで 複数作成可能
マンスリーレポート なし あり
3重のデータバックアップ なし あり
プレミアムサポート なし あり
サービス継続保証 なし あり
入出金履歴 ダウンロード不可 ダウンロード可能
スマホアプリ広告 あり なし

月額500円かかってしまいますが、金融機関の連携数が無制限になったり、グループ作成ができたりと家族で使う場合は有料版が使い勝手よいです。

夫婦でへそくりとかが作れなくなる可能性もありますが、まずは家計簿を続けること・貯蓄を増やすことを第一に考えて頂きたい。

貯蓄を増やすには夫婦二人力を合わせることが一番の近道だと思いますので、お互いにチェックしあうためにも有料版の利用が良いと思います。

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿
家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿
無料
posted with アプリーチ

マネーフォワードのメリット・デメリット、プレミアム会員のメリットについてはこちらの記事に詳しく書いてますので参考にしてください。

合わせて読みたい

マネーフォワードを始める前に準備するモノ

わたしが推奨するマネーフォワードの使い方をマスターするためには、事前に準備しておきたいモノがありますのでこれから紹介していきます。

「マネーのひな型」流マネーフォワードの使い方とは、一切家計簿をつけることなく家計簿が毎月完成する使い方を言います。

この準備を怠ると手間がかかりマネーフォワード本来のメリットを最大限活かすことができませんので、ぜひ準備よろしくお願いします。

特にお金がかかるような準備ではないのでご安心ください。

準備を整えて楽して家計の管理ができる「マネーのひな型」流マネーフォワードの使い方をマスターしてください!

電子マネーを用意する

マネーフォワードのデメリットの一つに、現金で支払った場合は自分で記入しなくていけません。

レシート撮影し反映させることも可能ですが、毎日となるとこれが結構めんどくさくなります。
せっかく、銀行口座やクレジットカードが自動で反映されても現金払いが手動での記入だとマネーフォワードのメリットを最大限活かすことができていません。

そこでわたしがオススメするのは電子マネーを使用することです。

電子マネーでの買い物もマネーフォワードにしっかり反映されるので、現金払いの手動記入が不要になります。

すでに持っている方は、新たに作る必要はありません。

我が家では楽天Edyとnanacoの2枚を使っていますが、どの電子マネーを使うかは皆さんのご家庭が利用されている店舗で使いやすいモノを準備してください。できれば2~3枚程度あると支払えない先はないかなと思います。

楽天Edyは利用できる先が多いのと、nanacoは税金の支払いにも使えるので大半の方はこの2枚で対応できます。
持ってない方のために、楽天Edyとnanacoの作り方などをまとめた記事もありますので参考にしてください。
[clink url=”https://enrichoneslife.com/rakutenedy/”] [clink url=”https://enrichoneslife.com/nanaco/”]

クレジットカードを作る

マネーフォードを使う上で迷うのがクレジットカード選びです。

クレジットカード会社によってマネーフォワードへの反映が大幅に遅いカードがあったりするためです。
でも、いくら反映の早いクレジットカードでもポイント還元率の悪いカードや年会費がかかるカードは使いたくないところですよね。

実際、反映スピードのみで検討するならばAMEXと三井住友VISAがダントツで早いです。ただし、還元率も低く年会費も発生してしまいますので注意が必要です。

そこでわたしがオススメするのは、楽天カード

反映されるのが4〜5日とAMEXと三井住友VISAには劣りますが、ポイント還元率が1%であり、年会費も無料です。
[clink url=”https://enrichoneslife.com/card/”]

口座をできるだけまとめる

マネーフォワードは無料の場合であっても、銀行口座の登録は10件まで可能です。

今まで説明して来た内容をまとめると、電子マネーは家族で3〜4枚。クレジットカードは1〜3枚。

少ない場合は2口座しか銀行口座を登録することができません。

わたしが推奨するのは3口座ですが、登録枠が足りない場合は2口座は作るようにしましょう。

推奨口座用途

  1. 給料振り込み先兼支払い先口座
  2. 目的貯蓄用口座
  3. 生涯貯蓄用口座
給料振り込み先兼支払い先口座

書いている通り給料の振り込み先の口座であり、固定費・クレジットカード等の支払い口座です。

共働きの場合2口座になるご家庭もあると思いますが、無料版マネーフォワードを利用する場合はどちらかの口座のみを登録するようにしましょう。
片方の口座は入金があったその日にもう片方の口座へすべて移動させてしまう方が管理はしやすくなります。

目的貯蓄用口座

こちらは、旅行や冠婚葬祭用の臨時出費用の貯蓄口座になります。

臨時の出費もある程度準備しておかないと急な支出が発生した場合に通常の家計がくるってしまいますので是非準備しておきましょう。

生涯貯蓄用口座

こちらは、将来の子供のための貯蓄であったり、老後の貯蓄。

資産運用する場合もこちらの口座のお金を利用するようにすれば管理がやりやすくなります。

まとめ

事前に準備しておくモノをまとめてきましたが、ほとんどみなさん準備できているかもしれませんね。

家族分の電子マネーの準備が多少手間がかかるくらいですが、ぜひ準備しましょう。

電子マネーの利用頻度を高めていけば、家計簿は記入しなくても毎月勝手に出来上がる状況になります。

お勧め記事 – Recommended Articles –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です