マネーフォワードを5年使った私が紹介するメリット・デメリット




家計を見直すには家計簿をつけるのが大事ですが、家計簿を書き続けることってかなり大変ですよね。

でも、「何もしなくても続けられる家計簿」があったらどうですか?

今回は長年家計簿を3日以上続けることができなかった我が家でも、5年間途切れることなく家計簿を続けることができた「マネーフォワード」のメリット・デメリットについてご紹介します。

そもそもマネーフォワードとは?

マネフォワードはCMでも流れているので名前くらいはみなさん聞いたことはありますかね。

マネーフォワードとは、利用者数が550万人を超えた個人向けの資産管理・家計管理ツール。パソコンからも、スマホからも、もちろんタブレットからも利用することができます。

いわゆる、クラウドタイプのサービスですね。

まだ、使われたことがない方はAPP StoreやGooglePlayストアで『家計簿』検索するすぐ見つかります。

面倒な方はこちらからアプリをインストールすることも可能です。

家計簿マネーフォワード 銀行・クレカ対応が人気の無料アプリ
家計簿マネーフォワード 銀行・クレカ対応が人気の無料アプリ
無料
posted with アプリーチ

基本、無料で利用することが可能。一部、有料機能もありますが、無料でも十分利用価値はあります。

こんな人に是非つかってもらいたい

マネーフォワードは初期設定をしてしまえば「何もしなくても続けられる家計簿」が誕生します。

ですので、こんな人に是非つかって欲しいサービスなんです。

マネーフォワードを使って欲しい人
  • 家計簿を毎日つけるのが面倒だと思っている人
  • 財布の中にレシートがたまっている人
  • 家計を改善したいと思っている人
  • これまで家計簿を続けることができなかった人

これからマネーフォワードを使うメリットとデメリットをご紹介しますので、これまで使ったことがない方はぜひじっくり読んでみてください。

マネーフォワードを使う10のメリット

では、早速マネーフォワードのメリットをご紹介していきます。

マネーフォワードのメリット
  1. 利用が無料である(一部有料機能あり)
  2. 銀行口座、電子マネーなどのリアルタイムに把握できる
  3. 引落前に残高不足の場合はメール通知がある
  4. 費目の追加など自由性が高い
  5. 口座からの引落は自動的に費目振り分けされる
  6. 支出の予算設定もでき、グラフ化することもできる
  7. 電子マネーでの使用も即座に反映してくれる
  8. 資産を一覧で把握することができる
  9. 対応金融機関が多い
  10. クレジットの限度設定通知ができる

この中でも特に役立つのが電子マネーの使用が即座に反映される点です。

電子マネーの利用分もマネーフォワードに反映されるので、電子マネーで支払いを行う=家計簿(マネーフォワード)へ記入が完了

レシートを受け取る必要もないし、帰ってから家計簿へ記入する必要もありません。

つまり、これが「何もしなくても続けられる家計簿」の仕組みの一つ。

プレミアム会員になる10のメリット

マネーフォワードのメリットの一つに「利用が無料である(一部有料機能あり)」と書きましたが、基本的には無料で利用できます。

カッコ書きした一部有料機能が気になった方もおられるかな?

プレミアム会員は月額500円

基本無料で利用することができるマネーフォワードですが、月額500円を支払うことで無料会員にはないメリットがかなりあります。

わたしはアプリを利用し始めた翌月からプレミアム会員を利用させて頂いているので、プレミアム会員ならではメリットもご紹介していきます。

プレミアム会員のメリット
  1. 各銀行の残高を一括で更新可能になる
  2. グループの複数作成
  3. 連携先の口座数に制限がなくなる
  4. 理想の家計と比較し家計を診断できる
  5. 専門家に直接質問・相談することができる
  6. トリプルバックアップによりデータ消失後対応してもらえる
  7. 資産の未来設計ができる
  8. マンスリーレポートとして月次の情報をまとめて見られる
  9. 最優先でサポートしてもらえる
  10. 邪魔な広告を外してもらえる

この中でわたしが気に入ってる機能は

全部です。

無けりゃ無いでなんとかなるものも多いのですが、毎日見ているうちに広告は邪魔になりますし、一口座ごとに更新するのも面倒になってしまいます。

お金の専門家に質問できるなんてそうそう無いサービスなんで、たった月額500円で追加されるサービスとしてはかなりお得ではないでしょうか?

実際、わたしの場合はお金を払ったら家計簿続けなきゃって気にもなるだろうと考えプレミアム会員になりました。

実際には勝手に記入されるのでほとんど自分ですることはないんですがね。

強いてあげるデメリット

ここまで良いことばっかり書いてきたので、わたしが5年間利用して気になった点をご紹介します。

マネーフォワードのデメリット?
  1. クレジットカードの利用の反映が遅い
  2. 無料利用の場合データが消えたときのバックアップがない
  3. 登録方法としてフェイスブックなどを利用すると情報漏えいの心配あり
  4. クラウドタイプなのでセキュリティーについて不安は残る

って、ところでしょうか。

クレジットカードも反映スピードの高いものもありますので切り替えてしまえばデメリットでもなくなってしまいます。

セキュリーティーもかなりレベルの高いものを採用されており心配する必要性はないと思いますが、強いてあげればということで記載しておきました。

まとめ

今回はマネーフォワードのメリット・デメリットを紹介させていただきました。

わたしが実際にいろんな家計簿を使った結果たどり着いた一番楽な家計簿アプリがマネーフォワードです。

家計簿が続けられない人はダウンロードして損のないアプリと断言s。

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿
家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿
無料
posted with アプリーチ

使いこなせず使わなくなった方や初めての方のためにも、今後マネーフォワードの使い方について細かく解説していきますので参考にしてみてください。

無料家計簿アプリのマネーフォワードの使い方【事前準備編】

2017.01.16