マネーフォワードを5年使った私が紹介するメリット・デメリット

こんにちわ。節約・資産運用ブログ「マネーのひな形」を運営している、やまもと(@kabenrich)です。

家計簿ってつければ絶対にイイってわかってるのに、なかなか続けることが難しいですよね。

我が家も5年前までは家計簿付けようと頑張っても、いつも3日坊主にさえなることができなかった感じです。

でも、これから紹介する「マネーフォワード」を使うようになってから5年間途切れることなく家計簿が続けらることができてます。

何故なら、「マネーフォワード」は何もしなくても家計簿が付けられているという魔法の家計簿なんですよ。

家計簿アプリもいろんなタイプのものがあります。ありすぎるくらい。

  • 簡単に収入・支出を書き込みお金の収支・残高を把握するタイプ
  • 少し凝ったもので何にいくら使ったかなどの管理ができ、グラフ化や費目ごとの管理のできるタイプ
  • マネーフォワードやZaimなどのようなクラウドタイプ

APP StoreやGooglePlayストアで『家計簿』と検索するとかなりの数のアプリがみつかりますが、あまりの数の多さにどれを使ったらいいのかわかない方が多いはず。

下に書いたタイプの方はわたしがこれから紹介する「マネーフォワード」が一番おすすめです!

  • 家計簿を毎日付けるのが面倒くさい!
  • レシートを財布の中に保管したくない!
  • 毎月の収支は把握したい!

まさしく、これまで家計簿をつけることができなかった人が難なく続けることができる家計簿アプリなんです。

では、これから私が何故、「マネーフォワード」をおすすめするのかメリット・デメリットをご紹介していきますね。

マネーフォワードを使う10のメリット

  1. 利用が無料である(一部有料機能あり)
  2. 銀行口座、電子マネーなどのリアルタイムに把握できる
  3. 引落前に残高不足の場合はメール通知がある
  4. 費目の追加など自由性が高い
  5. 口座からの引落は自動的に費目振り分けされる
  6. 支出の予算設定もでき、グラフ化することもできる
  7. 電子マネーでの使用も即座に反映してくれる
  8. 資産を一覧で把握することができる
  9. 対応金融機関が多い
  10. クレジットの限度設定通知ができる

この中でも特に役立つのが電子マネーの使用が即座に反映される点です。

つまり毎日の食費などの支出をすべて電子マネーで支払いを行えば、支払った瞬間にマネーフォワードに反映されるためレシートを受け取り、打ち込む必要もなく家計簿が完了しちゃうってこと。

家計簿が続けられない理由の一つが、現金払い分を自分で記入することが面倒になるってのがほとんどかと思いますが、これが勝手に家計簿に反映されるので続けられる理由です!

プレミアム会員になる10のメリット

マネーフォワードは基本無料で利用することができるアプリですが、月額500円を支払うとプレミアム会員になることができ、メリットもさらに増えます。

わたしはアプリを利用し始めた翌月からプレミアム会員を利用させて頂いているので、プレミアム会員ならではメリットもご紹介していきたいと思います。

  1. 各銀行の残高を一括で更新可能になる
  2. グループの複数作成
  3. 連携先の口座数に制限がなくなる
  4. 理想の家計と比較し家計を診断できる
  5. 専門家に直接質問・相談することができる
  6. トリプルバックアップによりデータ消失後対応してもらえる
  7. 資産の未来設計ができる
  8. マンスリーレポートとして月次の情報をまとめて見られる
  9. 最優先でサポートしてもらえる
  10. 邪魔な広告を外してもらえる

この中でわたしが気に入ってる機能は

全部です。

無けりゃ無いでなんとかなるものも多いのですが、毎日見ているうちに広告は邪魔だし一口座ごとに更新するのも面倒になってしまいます。

お金の専門家に質問できるなんてそうそう無いサービスなんで、たった500円で追加されるサービスとしてはかなりのメリットです。

また、わたしの場合はお金払ったら家計簿続けなきゃって気にもなるだろうと考えプレミアム会員になってます。

実際には勝手に記入されるのでほとんど自分ですることはないんですがね。

強いてあげるデメリット

マネーフォワードのデメリットを強いてあげるとすればこんな感じです。

  1. クレジットカードの利用の反映が遅い
  2. 無料利用の場合データが消えたときのバックアップがない
  3. 登録方法としてフェイスブックなどを利用すると情報漏えいの心配あり
  4. クラウドタイプなのでセキュリティーについて不安は残る

って、ところでしょうか。

クレジットカードも反映スピードの高いものもありますので切り替えてしまえばデメリットでもなくなってしまいます。

セキュリーティーもかなりレベルの高いものを採用されており心配する必要性はないと思いますが、強いてあげればということで記載しておきました。

まとめ

今回はマネーフォワードのメリット・デメリットを紹介しましたが、わたしが実際にいろんな家計簿を渡り歩いた結果たどり着いた一番楽な家計簿アプリが『マネーフォワード』です。

家計簿が続けられない人はダウンロードして損のないアプリと断言できます。

使いこなすまでに手間がかかるため一旦ダウンロードしたけど使わなくなった方や初めての方のためにも、マネーフォワードの使い方について今後、細かく説明していこうと思いますので是非、参考にしてください。

こちらの記事もおすすめ

お勧め記事 – Recommended Articles –